実印作りに行ったら自販機が。はんこを自動販売機で作れるってよ!

make-seal-auto-6

こんにちは、ぷーです!

実印をなくしてしまったのですが、急遽実印が必要になり、近くのイトーヨーカドーに作りに行くことに!

文房具コーナーに大体あるでしょ。

文房具コーナーについて、はんこを探したらシャチハタしか見当たらず、うろちょろしていたらこんなものを発見。

make-seal-auto-6

はんこの自動販売機(笑)。

自動販売機で作ったものが、実印でいけるのか!?

と思いましたが、しっかり実印・銀行印・認印 OKと書いてあるので、大丈夫でしょ!!

ということで、早速作ります。

操作はタッチパネルだったので、割と直感的にできます。

make-seal-auto-8

まずは、作りたい名前を入力。

ここがちょっと使いづらくて、迷いました。ぶっちゃけ使いづらい。

よみのところに、「人名」「単漢字」があるので、「人名」で検索しても自分の漢字が出てこなかった場合は、「単漢字」で検索してみましょう。

make-seal-auto-2

次は、印鑑の書体選び。

印鑑詳しくないんですが、とりあえず「古印体」なら間違いなさそうだったので、古印体で作りました(笑)。

make-seal-auto-4

次は、印影の太さと配置を設定できます。

線が重なっている場合などは、太さを細くしたりしてみましょう。

配置はデフォルトが綺麗だったので、そのままにしました。

make-seal-auto-7

次は、印材の選択。

結構種類が豊富で、好きなものを選べます。

make-seal-auto-10

なんかこの、ディスプレイされている感がすごくて、高級感すら感じます(笑)。

印材が鎮座してるぜ。

売り切れてるのは仕方ないですね。高いものだと4,000円(笑)。

黒はやっぱり人気のようで、売り切れが多い。

僕は、無難ちゃんなので、ラクト(黒)12mmを選択。

個人的に、10.5mmだと細くて、押印する時にぐらついちゃうんですよね。

購入すると、自販機なので、何も彫られていない印材がころっとでてきます(笑)。

タッチパネル操作はここまで!

make-seal-auto-9

画面の指示に従い、印材を彫ってくれるところにセットします。

すでにこの画像は彫り始めてます(笑)。

make-seal-auto-11

待つ。

make-seal-auto-12

あと少し。頑張って彫ってくれている。

make-seal-auto-5

できた!!

なんか朱肉がついていないできたのはんこって新鮮(笑)。

彫り屑がついてるよ。

全て合わせて、所要時間は15分ちょいくらいですかね?

彫る字画によっても違ってくるかもしれません。

make-seal-auto-13

せっかくなので、はんこケースも一緒に買いました!

満足!!

あとがき。

自動販売機で実印が作れちゃうとは知りませんでした!(笑)

さすが自動販売機大国、日本。

その貪欲さ、好きです。

ちなみに設置してあった店舗は、東京のイトーヨーカドー木場店です。

失くした!でも実印すぐ欲しい!っていう方にはおすすめ!

make-seal-auto-6