SIMフリーiPhoneとMVNO格安SIMの組み合わせはお得なのか。

iphone6-sim-free

毎日のように、Apple Storeの整備済製品をチェックしている、ぷーです!

Thunderbolt Displayがきになるから・・・。

こちらの記事でもお伝えしましたが、

2015/3/31に、何の前触れもなく販売再開された、SIMフリー iPhone 6/6 Plus。

全モデルで、11,000円の値上げがされているため、ちょっと割高感があります。

今回は、SIMフリーiPhoneとMVNO格安SIMの組み合わせで使ったときに、3大キャリアと比較して安いのか実際に計算してみました。

SIMフリーiPhone×格安SIMと3大キャリア料金比較

前準備

格安SIMの選定

各MVNO業者の格安SIMは、2015/4/1から軒並み値下げだったり、契約プランの通信容量がアップされたりと、充実してきています。

今回は現在(2015/4/2時点)の業界最安値である、DMM mobile で以下条件のSIMカードを想定。

  • データ通信量は月5GB
  • 3大キャリアとの比較のため、通話可能なプランを選択

iPhoneの選定

今回は、iPhone 6の16GBで想定します。

SIMフリー版はApple Store、キャリア版はどこも同程度の価格で実質0円を謳っているので、今回はdocomoの端末料金を参考にしています。

料金計算方法

24か月分の利用料+端末代の合計で計算しています。

また全て、税込表示で記載しています。

SIMフリーiPhone と キャリア版iPhone の価格比較

まず、iPhone 6の16GBの価格がこちら。

SIMフリーiPhone 6 16GB 93,744円
キャリア版iPhone 6 16GB 73,872円

こう見ると、やっぱりSIMフリー版は高い印象ですねー・・・。

MVNO格安SIMとdocomoの月額料金比較

DMM mobile月額料金

  • 通話SIMプラン 5GB 2,128円

合計:2,128円

docomo月額料金

  • カケホーダイプラン 2,916円
  • SPモード 324円
  • データMパック 5,400円
  • ユニバーサルサービス料 2円

合計:8,642円

DMM mobile 2,128円
docomo 8,642円

こうみると、キャリアって高いな!!

単純に月額利用料を見たときに、格安SIMが注目されるのも頷けます。

しかし、キャリアの場合、ここから、端末代金に相当する金額が割引されます。

73,872円 ÷ 24か月 = 3,078円

iPhoneが実質0円と謳っているものですね。

これ以外にも、他社から乗り換えの方向けの割引であったり、旧iPhone下取りなどを活用すれば、もっと安くすることもできますが、現在の状況によるので、ここでは割愛。

結局どっちが安いのよ

表にまとめました。

※docomoのほうの割引は、分かりやすいように端末料金から引いています。実際は月額料金の通信費から引かれるものになります。

  端末料金 月額料金 合計
DMM mobile 93,744円  2,128円 + 93,744円/24ヶ月
 = 6,034円
 6,034円
docomo 実質0円(73,872円)  8,642円  8,642円

やはり、格安SIMのDMM mobileの方が安いですね。

しかし、DMM mobileの方は、ほぼこの値段で確定ですが、docomoの場合は他割引などが豊富にあるため、もっと安くなる可能性があります。

僕の場合、docomoを使用していますが、その他割引を利用して、iPhone6 64GBが月額4,500円くらいで使えています。

契約上の違い

一番は、2年縛りがないことでしょう。

3大キャリアでは2年縛りがあり、更新月以外の解約には1万円程度の解除料金がかかります。

逆にMVNO格安SIMでは、長期間の契約縛りを設けているところはほぼありません。

さいごに

格安SIMは、ローコストな旧機種・ミドルスペック端末×格安SIMなどの組み合わせが一番本領を発揮するサービスだと思います。

また、1年ごとに発売されるiPhoneを、毎回買い替える場合も格安SIMはおすすめです。

  • 契約解除料が掛からない
  • SIMフリーiPhoneが高く売れる
  • SIMがそのまま使える

などなど・・・。メリットが多いです。

買い替えの時に、旧型のSIMフリーiPhoneをオークションなどで売ってしまえば、新型iPhoneの元手になりますしね。

逆にキャリア版の魅力は、

  • 自宅ネット回線も同キャリア利用で月々割引
  • キャリアが端末代金を補助してくれる
  • 豊富な割引を利用することで、端末代を安くすることが可能
  • 大手の安心感 ※MVNO業者は各キャリアの電波の一部を借りているため、速度が遅い場合がある
  • 実店舗があり、直接スタッフと話すことが出来る

などでしょうか。

他キャリアへのMNPで、「iPhone 一括0円!」などの案件があれば、キャリア版でもかなり安く抑えることが出来ます。

この場合、端末代が「実質0円」ではなく「本気の0円」で端末代が掛かってこないので、今回試算したdocomoの月額料金の場合、

8,642円 – 3,078円 = 5,564円/月

となります。

あとがき

格安SIMもどんどん安くなって、通信容量も増えてきているので、魅力的ですよね。

3大キャリアのdocomo,au,Softbankでは、自宅のネット回線も一緒に契約すると割引されるサービスも全社で用意されているので、そういったものを利用すると、さらに安くなると思います。

分かりづらくなるという二面性もありますが、ユーザーにとって選択肢が広がるのはいいことですね!

また今回ご紹介した、「DMM mobile」はこちらからご登録できます。

興味のある方は、参考にしてください。

iphone6-sim-free