5年間愛用しているジェットストリームボールペンの良さを全力で語る。

公私ともに、ジェットストリームボールペン愛用者の、ぷーです!

僕はパソコンなどのガジェット系と文房具には、割と拘りを持っております。

特に、手帳とボールペンには拘りを持っておりまして、個人的には何よりも「書いていて気持ち良いこと」が大事です。

そんな僕ですが、5年前にジェットストリームに出会って以来、浮気したことはありません。

ぞっこんです。

僕のハートにジェットストリームアタックされちゃいました。

 

え?

全力でおすすめしたい、ジェットストリーム「ピュアモルト 」。

ジェットストリームのラインナップは結構あります。

  • スタンダード
  • 4&1
  • プライム系
  • ピュアモルト系

僕の把握しているところだと、こんな感じでしょうか。

僕は、

スタンダード → 4&1 → ピュアモルト4&1

と使ってきました。

その中でも僕は、ピュアモルト4&1を全力でおすすめしたい

適度な太さがある

ペンの太さって結構大事だと思っています。

ペンが細いと、強目に握らなければいけないので疲れちゃうんですよね。

その点、このジェットストリームのピュアモルト4&1は、個人的にベストな太さです。

感覚でいうと、握っているではなく、滑らないように支えている感覚です。

なので、全然疲れない。

適度な重みがある

多色ボールペンの中でも、作りがしっかりしているので、”重み”があります。

この重みがちょうど良い。

ジェットストリームの売り文句の一つが、

「低い筆記抵抗で、滑らかに書ける」

なのですが、ボールペン自体の重みも加わって、サラサラーっと流れるように書けます。

これが実に気持ち良い。

グリップ部分が、”木”である

ワンランク低いモデルがゴム製のグリップなのですが、ピュアモルトは、グリップ部分がで作られています。

僕、ゴムのグリップ使い続けると、ゴム部分が手の脂を吸い込んでなのか、ヌメリというか、なんだか微妙な状態になって何回も買い換えてたんですよね(笑)。

それをウッドグリップにすると、逆に木の部分がいい味出してくるんですよね。

革の経年劣化のように、色味が濃くなってきます。

ゴムのような、ヌメリも出てきません。

色の入れ替えが非常にスムーズである

これは実際に店頭で是非試してほしい!

多色ボールペンって、ペンの頭のほうに、機能分の切り替えがあると思うんですが、これが非常に滑らかなんですよね。

通常の4&1と比べてみるとわかりやすいと思います。

スッ・・・といきます(笑)。

これもまた実に気持ち良い。

ジェットストリームであること

当然ですが、ジェットストリームであること(笑)。

最初は0.5㎜を使っていたのですが、個人的には0.7㎜を是非おすすめしたい。

0.7㎜こそ、ジェットストリームの滑らかな書き心地を体感できると思います。

購入時は、0.7㎜がデフォルトで入っているので、一度お試しあれ。

もちろん、0.5㎜の替芯を入れれば、0.5㎜として使えます。

ボールペンにしては高いので、大事にする

最後に、これです!!

100円でボールペンが買える中で、2,000円弱のボールペンはやっぱり高いです。

しかし、長い間使えますし、その分愛着も湧いてくるというものです。

また、ビニール傘と一緒で、良いものを買うと、なくしません(笑)。

100円ボールペンは、よくなくしていた僕でも、一度もなくしたことがありません。

あとがき。

是非おすすめしたい、ジェットストリーム・ピュアモルト。

3色のものもありますが、個人的には、5色がおすすめ。

見た目的にも、ブラックが基調で一番かっこいい。

きっと、あなたの心もジェットストリームアタックされることでしょう。

by カエレバ