MicrosoftがVisual Studio Codeをリリース。Macでも使えるぞ!

microsoft-visualstudio-code-release-for-mac

久しぶりの更新、ぷーです!

4/29~5/1で開催中のMicrosoft Build Developer Conferenceで、マイクロソフトが Visual Studio Code を発表しました!

既存のWindows版Visual Studioから少し機能落ちはするものの、Windows・Mac OS X・Linuxで動作する無償のコードエディタです。

マジか。Visual Studioが無償だってよ・・・!

しかもクロスプラットフォーム対応でMacでも使えるっていうね!!

以前、マイクロソフトの無料セミナーに参加した際、セミナーの内容に関するアンケートに、「開発環境の無償提供」とか書いた自分。

なるほど、僕の意見が採用されたわけか。

マイクロソフトさん、ありがとう。

いや、冗談ですが(笑)、MacにVisual Studioという選択肢が増えるのは本当にうれしい。

Windows10の無償アップデート、iPhone版Officeの無料提供、開発環境の無償化など、最近のマイクロソフトは本当にオープン化が進んでいます。

ライセンス料で稼いでいたマイクロソフトが、大きく方向性を変えてきましたね。

無償化で、ユーザーの絶対数が増えていき、活発になることは間違いないでしょう。

今後が楽しみです。

あとがき。

この間、Surface Pro 3を使っている開発者の方がいて、そこでVisual Studio 2013を動かして、デバッグまでしてました。

しかも、僕のデスクトップPCよりサクサクで・・・。

もうね、泣いた(笑)。

Surfece Pro 3は解像度高いから、メインとは言わずとも、開発もしやすいんですよねー。

microsoft-visualstudio-code-release-for-mac