Visual StudioでObjective-Cをコンパイル可能に!iOSアプリをWindowsアプリへ簡単に移植できる日がやってくる。

microsoft-visualstudio-objectivec-windowsstore

オフィスが暑すぎてイライラしちゃう、ぷーです!

Visual Studio Codeの無償提供と併せて、Visual StudioでiOSアプリの開発言語であるObjective-Cを読み込んで、コンパイル可能となることを、マイクロソフトが発表しました!

iOS用にObjective-Cで開発されたアプリを、Windows10向けに簡単に移植できるようになるみたいです。

また、Androidアプリも同様に、簡単に移植できる模様。

目的としては、Windows ストアでのアプリ提供数が少ないため、iOS/Andoridアプリを簡単にWindows10へ移植して、アプリの提供数を増やそうというものだと思います。

開発者としては、何ともうれしいこと!!

Windows8からタブレット向けにOSが一新されてきているので、タッチスクリーンありきのiOS/Androidアプリを、そのままWindows10アプリに移植できるなら、ユーザビリティそのままに使えるよね??

いや、サラッと言ってますが、マジですげえな(笑)。

ユーザー側からも、iOSアプリとかが、Windowsアプリで使えるなら嬉しいですよね!

あとがき。

いつか一つの開発環境で、全プラットフォームに対応するアプリをリリースできるようになる・・・かな。

microsoft-visualstudio-objectivec-windowsstore