【WordPress】SimplicityとW3 total cacheを共存させる方法。

simplicity-w3totalzcache

今日筋トレしてたら、右腕の筋が逝っちゃった、ぷーです!

WordPressでSimplicityというテーマを使用しているのですが、スマートフォンで表示する際に、レスポンシブ表示されないパターンがありました。

Simplicityの公式ページで検索したところ・・・ 

Simplicityと相性の悪いWordPressプラグインまとめ

 

 

 

どうも相性の悪いプラグインがある模様。

この中で僕が使用していたプラグインでは、W3 total cache が該当しました。

キャッシュを生成するプラグインとの相性が悪いみたいです。

Simplicityが「ファイルを生成するキャッシュプラグイン」と相性が悪い理由

 

 

W3 total cache を停止させてもいいのですが、停止させると、Google先生に「ブラウザのキャッシュを活用してください」と注意されました。

PageSpeed Insights

 

 

 

ブラウザキャッシュを設定すれば良いのですが、とりあえずW3 total cache の設定をいじって共存させてみました。

W3 total cacheの設定

WordPressの管理画面から、「Performance」→「General Settings」をクリック。

simplicity-w3totalcache-1

 

「Page Cache」や「Database Cache」などの設定はせず、「Enable」のチェックを全て外します。

simplicity-w3totalcache-3

 

「Browser Cache」だけ「Enable」にチェックを入れます。

simplicity-w3totalcache-2

 

これで、W3 total cacheプラグインでブラウザキャッシュを有効にしつつ、Simplicityと共存させることができました!

無事、Google先生からの注意も消えました。

あとがき

スマートフォンで見てくれる読者の方もいらっしゃるので、解決できてよかった!

ブログを書くようになって、最近たくさんの方のブログを拝見するようになりました。

みんなデザインがすごくて勉強になりますぜ。

simplicity-w3totalzcache