スマホの使いすぎて小指が変形?ずっと同じ持ち方はやめるべし!!

smartphone-text-thumb

時すでに遅いの? ぷーです!

何がって?

まずは以下の「ドコモ公式サポート」のツイートをご覧ください。

 

ふむふむ、スマートフォンを小指で支えて持つパターンだと、小指に負担が掛かって変形するわけね。

ん?僕もその持ち方だよ?

でもそこまでねー、1日中ずっと使ってるわけでもないしー・・・。

   ・

   ・

   ・

僕は「テキスト・サム損傷」を発症していました。

(((( ;゚Д゚)))

もう↑の顔です。自分の指見てこの顔になりましたよ。

あんまりブログでは顔文字使わないようにしようと思ってるんですが、あえて使いたい。

だってこの顔だったんだもん。

でも、僕は昔から小指が曲がってた気もするよ?

ちょうど隣のくすり指の第二関節に、沿うように曲がってるし。

「テキスト・サム損傷」とは何ぞ。

テキスト・サム損傷スマートフォンの持ち方によっては指が変形し、筋肉が癒着して指が曲がらなくなったり痛みなどの症状を引き起こす場合がある。この症例を、日本国外ではテキスト・サム損傷と呼ばれている。この症例に最も多いとされている持ち方は、小指で本体の下部を支える持ち方ある。これは小指に重量負担が集中して、その部位だけ変形を引き起こすものと考えられている。

引用元:Wikipedia

だそうです。

文頭のツイート画像の症状名ですね。

特に指が曲がらないだったり、痛みなどもないので今のところ大丈夫そうですが・・・。

「筋肉が癒着して指が曲がらなくなる」とか怖すぎる。

しかしさ、「テキスト・サム」っていう名称はどこからきたの?

と思ったので、もうちょっと調べたところ、以下の記事で紹介していました。

「テキストサム損傷」は英語でtext thumb arthritis

textは文字、thumbは親指、arthritisは関節炎。

元々は海外で携帯メールの打ち過ぎによる
親指の関節炎を指していたようです。

そこから日本ではスマホの底を持つ小指の変形が
増えてきていると話題になりました。

スマホが原因であることから
スマホ病」「iPhone指」とも呼ばれるみたいですね。

症状としては変形だけでなく、
しびれや痛みを感じる方もいらっしゃいます。

引用元:「テキストサム損傷は生まれつき?Thumbは親指って意味では?」 Statice ~徒然ニュースBLOG~

 

元々は親指の関節炎だったものが、日本に来て転じたわけですね。

「サム」って親指だろうと思っていたので、すっきり。

「テキスト・サム損傷」の治し方。

結論、ないそうです

スマホの持ち方を変えて、意識的に予防するしかないそうです。

小指に負担を掛けないようにすれば、徐々に戻ってくる(治ってくる)可能性もあるみたい。

あとがき

結論、生まれつきか、スマホの持ち方のせいか分からないけど、とりあえず何か症状が出る前にスマホの持ち方変えよう。

頑張って握ることに決めた。

こういうのは、意識的にやらないと治りませんからね・・・。

意識~意識~♪

smartphone-text-thumb