テラフォーマーズを読み始めたら、夜が明けちゃってたのでおすすめする。

マンガ大好き、ぷーです!

土曜の23時くらいに読み始めました、噂の「テラフォーマーズ」。

面白い面白いと周りから言われ、しかし一度も読まなかった「テラフォーマーズ」。

ええ、久しぶりに徹夜してしまいましたよ!

しかも、

「気づいたら朝だよママン」

パターンだった!!

一回読んでしまったら、一気に読んでしまうこと請け合いのマンガ!

ネタバレになっちゃうから詳細は書けない、いや、書きたくない。

是非ご自身の目で確かめてほしい。

ぶっちゃけ避けてた、「テラフォーマーズ」。

だって題材が、人類の永遠の敵のアイツなんですもん。

ここでは「G」と呼ばせてくれ。名前を言ってはいけないアイツだから。

もうね、読んでる間中、後ろに G がいるんじゃないかと思いながら読んでましたよ。

ちょいちょい後ろを確認しながら読み耽っていたのは内緒。

でもね、マンガ中に出てくるGは、結構見た目が進化しているので、G大嫌いな僕でも大丈夫でした。

最初こそビビリながら読んでましたが、むしろどんなGがてくるのか、先がどんどん気になっちゃった。

人類が増えすぎた、ちょっと先の未来が舞台。

物語の設定が、ちょっと先の未来。

人類が増えすぎて食料危機に瀕しており、火星を第2の地球として開発しようとしています。

また、本当にこの先問題になってくるであろうことなので、現実味を帯びてます。

ここでなぜGが関係してくるのだろうと不思議なんですが、ここの設定背景がまた面白い。

作者の想像力がすごいなと感心してしまう。

Gがなぜ進化して敵対してくるのか。

人間はなぜこんなにもGを嫌悪するのか。

ちょっと考えさせられます。

キャラクター一人一人に面白いバックグラウンドがある。

でてくるキャラクター一人一人が、それぞれ個性豊かなバックグラウンドを持っています。

進化したGに対抗すべく、人類は人体に他の生物の特性を移植させることに成功します。

しかしこの手術は、成功率が低い。

それなのになぜ人体改造しなければならなかったのか。

キャラクター一人一人の想いが、それぞれ細かく描写されており、感情移入していまいます。

個人的に一番好きなのはやっぱり艦長かな・・・。

人類 vs 進化したG。

最後になんといっても戦闘シーンんでしょう!

人類が手術によって得た人間以外の力と、進化したGの戦闘。

恐るべき速度で進化していくGにも、なんとか対抗していく人類。

キャラクター個々の得意な格闘技+人外の力を使って繰り広げられる戦闘は爽快です。

あとがき。

いや、書きたいことはめっちゃあるのに、書きたくないこのむずむず感(笑)。

是非これは実際にマンガを読んで体感してほしい。

そこには徹夜が待っている。

電子書籍は12巻まで。

コミックだと13巻まで現在は発売しています。

前から気になっていた方は是非一度読んでほしい!

by カエレバ