Windowsが起動しない時にデータを救出する方法。

windows-os-notboot-data-repair

へい!会社のWindowsパソコンがOS起動しなくなっちまったぜ、ぷーです!

いやね、いきなりWindows7が起動しなくなったわけですよ。

マジでいきなり。

BIOSは起ち上がって、「Windowsを起動しています・・・」までは行くのですが、

Windowsは起動せず、またBIOS画面に戻る状態・・・。

最終手段の、Windowsの修復でも解決せず・・・。

もうここまできたら、新しく端末作るしかないと・・・。

でもメールのバックアップだけはほしい!

会社ではWindows Live Mailを使いるのですが、メール類はすべてフォルダに保管されているわけです。

Live Mail自体は、そこを参照してるだけですから。

ハードディスクが逝っちゃったとかではないので、データ自体は無事。

ということで、Windows PEを使って、メールデータを社内サーバーにコピーして救出しました。

Windows PEとは。

詳細な説明は、「Windows PE」で検索すれば大量にヒットするので省略しますが、

要は、HDDにインストールせずに、CD-ROMやUSBメモリなどから起動できる、お手軽WindowsOSです。

なので、起動しなくなったWindowsの代わりに、Windows PEが起動して、ドライブ内のファイルなどをコマンドプロンプトで参照できます。

※OSファイルが壊れただけで、中身の普通のファイルが壊れているわけではないので

データの救出など、有料ソフトも販売されていますが、無料で自分で作れる環境であることが良いと思います。

Windows PEの起動ディスクの作成方法なども、既にたくさん記事があるので、わかりやすかったところをピックアップしました。

こちらの記事には、対応しているWindows PEのバージョンの記載もあるので、ご自身のバージョンに合わせたWindows PEを選んでください。

 いざ、メールデータ救出。

ドキュメント類は社内サーバーにあがってますし、ウェブブラウザはChromeを使っていて、同じアカウントでログインすれば、Chromeの環境は復元できるので、救出したいデータはメールデータのみ!

ちょっと話は逸れますが、Chromeの復元など、やっぱりクラウドいいなーとしみじみ思いました・・・。

同じアカウントでログインしちゃえば、環境復元できちゃいますからね。

ローカルに保管しているのはナンセンスな気がしました。

本題ですが、僕はWindows Live Mailを使用していたので、デフォルトの保管フォルダは、

“D:\Users\[ログインユーザー]\AppData\Local\Microsoft\Windows Live Mail”

になります。

Dドライブになっている点に注意してください。Windows PE上から見ると、通常Cドライブだったところが、Dドライブとして扱われているはずです。

この”Windows Live Mail”フォルダをガツンッと、どこかのサーバー上であったり、USBメモリ上などにコピーすれば、救出できます。

コピーコマンドは、

xcopy /e “D:\Users\[ログインユーザー]\AppData\Local\Microsoft\Windows Live Mail” [コピー先]

/e ですべてコピーです。

コピー元のパスを””で囲っているのは、「Windows Live Mail」フォルダにスペースが空いているためです。

フォルダ名にスペースが含まれる場合は、パス全体を””で囲ってください。

コピー先に関しては、サーバーを直接指定したり、USBメモリを挿して、認識したドライブ名を入力すれば大丈夫だと思います。

メールデータの復旧。

Windows Live Mailに関しては、一度Live Mailをインストールして起動すると、下記フォルダが作成されます。

“C:\Users\[ログインユーザー]\AppData\Local\Microsoft\Windows Live Mail”

前述の救出したLive Mailフォルダをがツンと上書きコピーして、Windows Live Mailを再起動すると、アカウント設定から、メールまで読み込んでくれました。

ただ、Windows Live Mail自体の設定は、僕の場合読み込んでくれなかったので、再設定が必要なポイントです。

あとがき。

ハードディスクが壊れたわけでなければ、データは復旧できるので、

あきらめないでっ。(CM風)

windows-os-notboot-data-repair