【WordPress】アナリティクスのURLに自分のユーザー名が入ってて気になった。

wordpress-url-username

今日からPV数が半減した、ぷーです!

理由は、こちら・・・。

【WordPress】アナリティクスでPV数が2倍になってる? | テックインライフ

め、めげてないから!

本題ですが(笑)、今日、アナリティクスの「行動」⇒「サマリー」を見てたら、WordPressのログイン時などに使用するユーザーIDを含むURLが、参照されていることに気づきました。

wordpress-url-username-1

/author/〇〇〇〇(自分のユーザーID)/page~ の箇所ですね。

そんなものがURLに表示されていたので、気持ち悪くて、すぐ調べました。

ユーザーIDを知られたら、あとはパスワードを攻略されるだけで突破されちゃいますからね・・・。
怖いよ。

発見したのは以下の「Simple Living」様の記事。こちらを参考に対策を行いました。

ありがとうございます!

admin から変更しても WordPress のユーザー名は丸見え!投稿者アーカイブの URL を守る方法 | Simple Living
Edit Author Slug …

 原因は投稿者用のページが見れてしまうこと

WordPressには投稿者アーカイブページなるものがあって、そこに投稿者が誰かなどの情報が保持されているみたい。

で、どれかの記事のURLの末尾に 「/?author=1」を付けてしまえば、その投稿者アーカイブが見れて、URLにユーザーIDが表示されるとのこと。

「/?author=1」の “1”のところが単純にWordPressのユーザーIDと紐付いてるんでしょうね。

WordPress内でユーザーを追加しない限り、大体”1″が初期登録したユーザーで、そのユーザーのまま記事を書いてる方が多いんじゃないでしょうか。

プラグイン「Edit Author Slug」を導入して解決!

「Edit Author Slug」というプラグインを導入して解決しました!

「/?author=1」でページを見られた時に、URLの表示を変えて、ユーザーIDが分からないようにしてくれるプラグイン。

やっぱり、先人たちも同じ道を歩んできてるわけですね・・・。先人たちの知恵は偉大だ。

「プラグイン」⇒「新規追加」⇒「Edit Author Slug」で検索して、
インストール ⇒ 有効化 します。

Edit Author Slug の設定をEdit!!

WordPressにログインしたら、右上の「こんにちは、~~!」のところにカーソルを当てて、「プロフィールを編集」を選択します。

wordpress-url-username-2

 

下の方に、「Edit Author Slug」の項目があるので、以下設定。
「Custom」にチェックを入れて、ユーザーIDの代わりに表示させたい文字列を入れればOK!

wordpress-url-username-3

 

設定を保存して、確認したところ、無事変わってました。

これで安心。

wordpress-url-username-4

あとがき

ネットの怖さを思いつつ、知らないって怖いなと思った今日この頃。

でも最初から全部は無理だから、ちょっとずつ潰していくしかないよね!

wordpress-url-username